市内のホテルへたまに泊まりに行く

昔、バブルのころのお正月に流行ったことで、お正月をホテルでというのがあったのですが、正月じゃなくてもバブルじゃんくても、たまにホテルに泊まりにいきます。
住んでる街なんで、自転車でもいけるし、歩いてもいける距離ですがね。
気分転換なんですね。なんか仕事でもストレスとか知らないうちにたまっていくので、それをどこかで解消するためにです。そこで大浴場とか展望風呂のあるところですね。そこならほんとゆったりとできていいですね。
観光客が相手のホテルだとけっこう気がきいていい感じです。
たまには、それでも車でちょっと走ったところのホテルに泊まることも。都会じゃないので、ホテルの数も限りがあるので、飽きがこないようにですけどね。
それで、たまには、ちょっとした旅行気分も味わえるように。隣の街とか、車で1時間ほどの所へいったりもします。
ここのサイトでこんかい知りました→大きなお風呂のある駅前ホテル
そういう時は、楽しさもありいい気分です。近場でも探すとけっこう色々あって、飽きることなく、次はどこにするかとか。気になってなかった駅でも、面白いところがあrったりして、発見しますよ。
でも、最近はほぼほぼ自動改札だし、無人駅もローカルは多いから風情とかはなくなってますね。駅まえにはコンビニがあると、なんかがっかり。コンビニ、どこでも同じスタイルで安心というのがいいのですけど、田舎や観光地にあると、ちょっとがっかり感がね、、、
田舎は、田舎の八百屋とか雑貨屋みたいなところが楽しいのですけどね。そこで、おばちゃんと会話が楽しかったりも。呼んでも誰も居ないかったこともね。